現在のページの位置: Roony's Paradise > 2014年 > 5月

Roony's Paradise

クマのルーニーが、おでかけした時の写真を中心に載せていきます。

白い絨毯 岩木山裾野に広がるリンゴ畑

弘前と言えば桜まつりですが…あまり知れ渡っていないリンゴの花も奇麗で、一面真っ白になります。残雪の岩木山とリンゴの花を見に(5月10~11日)行ってきました。

弘前 禅林街

弘前にはお寺がたくさん集まっている通りがあります。この禅林街には長勝寺を含む33の曹洞宗の寺院が並んでいますよ。

黒門
禅林街の入口にある黒門
禅林街
どちらを向いてもお寺
長勝寺 長勝寺
一番奥が長勝寺です

古い建物

観光会館の近くで、歴史を感じる古い建物が並ぶ場所を見つけました。

旧市立図書館
昔の図書館
ミニチュア建造物群
レトロな町並み?と思いきや実はミニチュア
「角み」呉服店
よくできてるね
ミニチュア建造物群
遠くから見るとこんな感じ
青森銀行記念館
青森銀行記念館
青森銀行記念館
ミニチュアかな?いえいえ、これは本物でした

藤田記念庭園

東北屈指の名庭園を散策します。

藤田記念庭園
藤田記念庭園入口
洋館
洋館
庭園入口
庭園に入ります
借景式庭園
後ろには岩木山が微かに見えるよ
芝生 芝生
お掃除が行き届いています
池泉廻遊式庭園 大きな灯籠
池泉廻遊式庭園
池泉廻遊式庭園
ハナショウブが咲いたら奇麗だね
茶屋 松風亭
茶屋 松風亭の水琴窟 清んだ奇麗な音がしたよ!
洋館
お庭から見た洋館

弘前城

春は桜の名所として知られる弘前城も、桜が終われば普段は静かな公園という感じです。

弘前城跡
弘前城跡 追手門
追手門
追手門から中へ、まだ桜が残っていた
弘前城植物園 弘前城植物園
お花がいっぱい
三の丸庭園
三の丸庭園 枯山水の庭
辰巳櫓
辰巳櫓
三の丸
桜が咲いてる
三の丸
日本最大幹周のソメイヨシノ
北の郭
鷹丘橋が見えるね
天守
北の郭館神跡から見た天守
岩木山
本丸から望む岩木山
弘前城
恒例の石垣登り
弘前城 弘前城
弘前城
弘前城
下乗橋から望む天守
二の丸
日本最古のソメイヨシノ

最勝院の五重塔

五重塔は外からも良く見えます。

最勝院
日本最北に位置する五重塔
最勝院 最勝院
境内を散策

八甲田

山に囲まれた大自然の中にある八甲田温泉に泊まりました。源泉掛け流しの良いお湯ですよ~♪

八甲田 八甲田
まだ沢山雪があるね
八甲田温泉
昔ながらのかっちゃの味

早朝散歩、宿の周りにもまだ雪が残っているよ~雪解けの中から蕗の薹が顔を出していました。

八甲田温泉 八甲田温泉
雪解けだね!
八甲田温泉
体に優しい朝ごはん

城ヶ倉大橋

秋の紅葉シーズンには一面真っ赤に染まる場所です。

城ヶ倉大橋 城ヶ倉大橋
岩木山が見える
城ヶ倉大橋
城ヶ倉大橋
タヌキの置物
近くにタヌキの置物がありました

弘前城

再び弘前城へ。天気が良いとお城も輝いて見えるはず。昨日は見えなかった岩木山も見えるかな?

たか丸くん
マスコットがお出迎え
下乗橋と天守
赤い橋と一緒、青い空だ~
追手門と岩木山
追手門と岩木山を眺めました

五能線

弘前といえばやっぱりリンゴです。ちょうどリンゴの花が咲く季節なので、リンゴの花と岩木山が見えるスポットへ。まずは列車も一緒に眺められる場所に行きました。

岩木山とリンゴ
もうすぐやってくる列車を待ちます
五能線と岩木山とリンゴ
あれれ…岩木山が隠れてしまいました
リゾートしらかみ
場所を移動して再チャレンジ!今度はバッチリかな?
リゾートしらかみ
この列車は「リゾートしらかみ(青池ハイブリッド)」です
岩木山
列車は行っちゃった

りんご公園

続いて弘前市りんご公園へ足を運びます。この公園は初めて訪れましたが、一面見渡す限りのリンゴ畑。もちろん、リンゴの花も満開です!

りんご公園
白い花が綺麗
りんご公園 りんご公園
あっちもこっちもリンゴ畑

秋になると真っ赤なリンゴが鈴なりかな?また来たいね。岩木山も堪能したしそろそろ帰らなくちゃ。

前沢

小腹がすいてきたので食事タイム。前沢牛の産地なので前沢牛をいただきまーす。

前沢SA 前沢SA
牛丼
津軽ロマン
おみやげは青森のお米「津軽ロマン」

鳴滝清流米

さらに一県、山口県山口市にも寄付をしました。小鯖の鳴滝源流域に広がる大地で育てられたお米で~す。現地を見てきたからね~

ひとめぼれ
鳴滝清流米

御杖村より

奈良県御杖村(みつえむら)は奈良県東端部に位置し、全国の市町村で唯一「杖」の文字が使われている村です。その御杖村へふるさと納税(寄付)をしました。寄付金は「心癒される豊かな自然を守り、再生に関する事業」に使っていただけるそうです。

コシヒカリ
おいしいお米が届きました♪

日本橋を渡ろう

東京の日本橋にやってきました。江戸時代に五街道(東海道、日光街道、奥州街道、中山道、甲州街道)の基点となり、今も日本の道路網の始点となっている橋です。特に始点とされている国道は1・4・6・14・15・17・20号の7つ。普段は通り過ぎることこそあっても、立ち止まることは少ないかなぁ…

日本橋
橋の上をまたぐのは首都高速都心環状線
道路元標複製
道路元標のレプリカ(本物は橋の真ん中にあるよ)

日本橋には再開発とともに新しいお店がどんどんオープンしているので、お買い物を楽しむのも良さそうです。

日本銀行
すぐ近くに日本銀行本店がありますよ

ぐるり山口 錦帯橋から長門路

春のゴールデンウィークにいつもよりチョット長い4泊5日(4月26~30日)の日程で、山口県から島根県を回って来ました。蒸気機関車の走る雄姿が見られたよ~感激!

高速道を乗り継いで山陽自動車道の宮島SAで最後の休憩。

宮島SA
宮島SAでは桃太郎像がお出迎え
宮島SA 宮島SA
安芸の宮島はどこ?

岩国

岩国から今回の旅が始まるよ!

岩国城 岩国城
早朝の岩国城
岩国城
石垣登り
吉香神社
橋を渡ると吉香神社
吉香神社 吉香神社
吉香神社
吉香牡丹園
ボタンが見頃だね
吉香公園
噴水も綺麗

錦帯橋

岩国のシンボル錦帯橋です。綺麗なアーチを描いています。

錦帯橋 錦帯橋
実際に渡れます
錦帯橋 錦帯橋
錦川の川原に降りました
錦帯橋
錦川の川原

毛利氏庭園

続いて旧長州藩主毛利家の邸宅にやってきました。お庭の手入れが行き届いていて美しい!

毛利氏庭園
青葉が奇麗、新緑の季節は気持ちいい~
毛利氏庭園
毛利氏邸宅、正面玄関の車寄
毛利氏庭園 毛利氏庭園
毛利氏邸宅、庭園見学
毛利氏庭園 毛利氏庭園
ツツジが見頃
毛利氏庭園 毛利氏庭園
庭園を散策
毛利氏庭園 毛利氏庭園
ひょうたん池の向こうに本館
毛利氏庭園
ハナショウブが見頃です
タケノコ
春の食材がニョキニョキ

防府天満宮

学問の神様、菅原道真を祀った天満宮。

防府天満宮 防府天満宮
幸せますウィークでした

常栄寺

室町時代の水墨画家・雪舟が築庭したと言われているお寺です。

常栄寺 常栄寺
石庭
常栄寺 常栄寺
雪舟庭園・枯山水

瑠璃光寺

国宝の五重塔がある曹洞宗の寺院です。

瑠璃光寺 瑠璃光寺
国宝の五重塔

一日目の日程は終わり。湯田温泉にお泊まりして温泉でのんびり。

湯田温泉
お食事処 旬花

湯田温泉

二日目の朝、湯田温泉の町へ早朝散歩に出掛けました。

湯田温泉駅 湯田温泉駅
湯田温泉駅
湯田温泉駅 湯田温泉駅
湯田温泉駅、列車が来たよ~
湯田温泉 湯田温泉
湯田温泉には白狐がいっぱいいるね
湯田温泉
朝食はしっかり

関門海峡

本州と九州の境目、関門海峡です。

関門橋 みもすそ川公園
みもすそ川公園
長州砲のレプリカ 長州砲
長州砲のレプリカ
トンネル下関側
ここからトンネルで九州へ行けます
関門海峡 関門海峡
海の下を通って福岡県に着いたよ
関門橋 和布刈神社
北九州からの眺め

山の上から

再びトンネルを通って下関に戻りました。近くの火の山公園に登れば関門海峡を一望できますよ。

火の山公園展望台 関門海峡
火の山公園からの眺め
下関駅
下関駅で「関門TOPPA!記念証」を忘れずにゲット!

本州の西の果て

毘沙ノ鼻 梅ヶ峠駅
本州最西端の地「毘沙ノ鼻」と、本州最西端の駅「梅ヶ峠」
二見夫婦岩
二見夫婦岩
山陰本線
湯玉~小串駅間、オーシャンビューポイント
山陰本線 山陰本線
山陰本線を走る観光列車「みすゞ潮彩」に出会う

角島

角島は橋で渡れるので立ち寄りました。海士ヶ瀬公園(あまがせこうえん)展望台からの眺め、エメラルドグリーンの海。

角島大橋 海士ヶ瀬公園
CMなどにも登場するという角島大橋
角島灯台 角島灯台
西端にある角島灯台

海沿い

海に近い細い道を進み、真っ赤な鳥居が並ぶ場所に到着。龍宮の潮吹は北風が強く波の高い時、秋から冬が良いみたい。

元乃隅稲荷神社 元乃隅稲荷神社
元乃隅稲荷神社
龍宮の潮吹
龍宮の潮吹、30m位吹き上げるそうです
東後畑棚田
水がはられたばかりの東後畑棚田

長門湯元温泉

2日目は長門湯元温泉です。音信川が温泉街を流れているよ。鯉のぼりが泳いで端午の節句だね!

長門湯本温泉 長門湯本温泉
温泉街にも鯉のぼり
長門湯本温泉
夕食
キハ120形 長門湯本駅
早朝散歩で長門湯本駅へ

青海島

青海島
青海島の東部にある通地区の漁港
くじらの町 くじらの町
通浦はくじらの町なので、クジラのモチーフがいっぱい
波の橋立
長さ1.3kmにわたって続くクロマツ林の一本道
波の橋立 波の橋立
波の橋立

右から、左から見る場所によって見え方が違う不思議なアートだよ!正面がないね。

みすゞ壁画 みすゞ壁画
金子みすゞモザイクアート。みんなちがって、みんないい。

秋芳洞

有名な鍾乳洞に入ります。秋吉台案内所(エレベーター)からの入口から入洞です。

秋芳洞
中が広い!

まずは黒谷口まで歩きます。

黄金柱
黄金柱
巌窟王 五月雨御前
巌窟王五/月雨御前

黒谷口から戻り今度は秋芳洞正面入口まで歩きます。

傘づくし
傘がぶら下がっているような感じ
洞内富士
富士山
百枚皿
お皿が重なっているみたい
長淵
水面に映っているよ
秋芳洞入口
秋芳洞入口、外に出ました

エレベーター入口まで引き返す途中で冒険コースにも挑戦。

冒険コース 冒険コース
洞窟真珠
冒険コース 冒険コース
鍾乳石の間を進む
冒険コース
修行場所かな?
冒険コース 冒険コース
青天井の洞内を見ながら冒険コース最後の石段

秋吉台

鍾乳洞の上、地上にはポコポコとした岩が並んでいます。

秋吉台 秋吉台 秋吉台
この辺りの地形が「カルスト地形」

幕末維新の町、萩を歩きます。

萩駅
萩駅正面
萩駅 萩駅
萩駅
萩城趾 北の総門
萩城趾と北の総門
武家屋敷 武家屋敷 武家屋敷
行き止まりにも見える「鍵曲」
口羽家
立派な表門の口羽家(くちばけ)
木戸孝允旧宅
江戸屋横町、木戸孝允旧宅
晋作広場
高杉晋作像
江戸屋横町 白壁
江戸屋横町
白壁
萩名物の夏みかん
菊屋家住宅
菊屋家住宅
松陰神社 松陰神社
吉田松陰を祀った松陰神社
伊藤博文像 伊藤博文別邸
隣には伊藤博文旧宅

長門峡

奇岩や滝が連なる景勝、長門峡に立ち寄ります。

長門峡 長門峡
道路から見える奇岩
長門峡
白糸の滝
長門峡 長門峡
紅葉橋

3日目のお泊まり、津和野へやって来ました。

夕食
夕食

津和野駅

朝は津和野駅まで散歩。駅前には機関車が展示されています。

津和野駅
津和野駅正面
津和野駅 津和野駅
津和野駅改札とホーム
蒸気機関車 蒸気機関車
駅前の機関車
蒸気機関車 蒸気機関車
機関車に乗車

信仰の路

深い木々に囲まれたなだらかな坂を上ってマリア聖堂と永明寺に行きました。

乙女峠のマリア聖堂
マリア聖堂
永明寺 永明寺
永明寺を見学、茅葺きだね!

津和野散策

古い町並みは「山陰の小京都」と呼ばれています。

津和野 津和野
津和野町並み
掘割鯉
鯉が泳ぐ
津和野殿町 津和野殿町
武家屋敷のなまこ壁が続く石畳の通り
藩校養老館 多胡家老門
藩校養老館と多胡家老門
弥栄神社
弥栄神社境内のケヤキ
森鴎外旧宅
森鴎外旧宅

津和野城趾

津和野城趾は津和野の町を見下ろす位置にあります。まさしく山城。

津和野
出丸より、町を一望
津和野城趾
石垣登り
津和野城趾 津和野城趾
城趾にて

太皷谷稲成神社

赤い鳥居が並ぶ神社です。

太皷谷稲成神社 太皷谷稲成神社
表参道
太皷谷稲成神社 太皷谷稲成神社
日本五大稲荷のひとつ

山口線

山口線では祝日に蒸気機関車「やまぐち」号が運行されているので待ち伏せ。汽笛の大きさにびっくり!煙モクモク、ポッポ~♪

SL「やまぐち」号 SL「やまぐち」号
疾走!
DD51 1043 + C56 160 DD51 1043 + C56 160
地福駅で折り返し

島根県へ

日本海沿岸を走ります。

益田駅
益田駅
道の駅 ゆうひパーク浜田
浜田の港

石見畳ヶ浦

不思議な岩がある場所へ。

石見畳ヶ浦
トンネルの向こうは…
石見畳ヶ浦
途中で外が見えます
石見畳ヶ浦 石見畳ヶ浦
ノジュール出現、腰掛けみたいな丸い石
石見畳ヶ浦
貝など化石もあり
石見畳ヶ浦 石見畳ヶ浦
馬の背
石見畳ヶ浦 石見畳ヶ浦
ポコポコとした造形美
石見畳ヶ浦
馬の背の反対側

美又温泉

4日目のお宿は日本海からチョット離れて、山里にある静かな美又温泉です。

美又温泉
夕食
美又温泉 美又温泉
美又温泉の温泉街

浜田の海岸

風車が沢山並んでいました。

江津ウインドファーム 琴ヶ浜
江津ウインドファームと鳴砂の砂浜

石見銀山

世界遺産にも登録された石見銀鉱山跡を訪ねます。

石見銀山
世界遺産センター
石見銀山
遊歩道を奥へ
安養寺
安養寺
清水谷精錬所跡
精錬所跡
石見銀山
選鉱場跡
石見銀山
シュート跡
清水寺
清水寺
石見銀山 石見銀山
間歩
石見銀山 石見銀山
龍源寺間歩を見学
石見銀山
銀がつまった鉱石は、かなりの重さです!

帰路

山陰の旅も終盤、山陰自動車道に乗り帰路につきました。

米子自動車道
蒜山高原SAにて

アーカイブ

Feed

メタ情報