現在のページの位置: Roony's Paradise > 2015年

Roony's Paradise

クマのルーニーが、おでかけした時の写真を中心に載せていきます。

石巻と奥松島

東日本大震災は来年3月11日で5年になります。震災以前に訪ねた奥松島に(11月28~29日)行ってきました。

石巻

石巻漁港でボリューム満点の日替わり定食をいただきます。

さんま定食
朝の焼きサンマ

その後は石巻市内を少し散策。道の駅や野菜の直売所などを回って美味しい食材を調達しました。

石ノ森萬画館
不滅の石ノ森萬画館
旭山観音堂
県立自然公園旭山にある旭山観音堂

奥松島

夕暮れ前に奥松島に到着しました。奥松島全体の景色を眺められる大高森に登ります。

大高森
大高森から一望
夕食
夕食にはカキのフライや焼き物が出たよ!
朝日
日が昇る
朝食
朝食
展望台 展望台
展望台
岩 湾
湾の眺めは以前と変わっていないみたい
月浜
月浜は工事中

秋保大滝

奥松島を後にして仙台の奥座敷と言われる秋保温泉に向かいます。秋保温泉のさらに奥には秋保大滝があります。

秋保神社 秋保神社
秋保神社
秋保大滝
秋保大滝は高さ55m幅6m

磊々峡

秋保温泉のすぐそばにある、名取川の流れがひときわ狭くなる磊々峡を歩きました。

磊々峡
散歩道入り口傍の覗橋
磊々峡 磊々峡
下流に続く散歩道
磊々峡 磊々峡
時雨滝(しぐれたき)
磊々峡 磊々峡
奇岩がいっぱい

今回は亘理で夕食にしました。

夕食 夕食
夕食

そして2015年に全線開通した常磐自動車道ならあっという間に首都圏です。

守谷SA
Pasar守谷(SA)は7月にリニューアルしたばかり

湖南三山と陶芸の里・信楽

紅葉も日本の西方へ進んできました。湖南三山と信楽窯を(11月21~22日)巡りました。

常楽寺

常楽時にある本堂と三重の塔はどちらも国宝で、本堂には二十八部衆立像が並んでいます。本堂の裏手を歩けば三十三体の観音めぐりができます。

常楽寺
常楽寺の本堂
三重塔
三重塔

長寿寺

常楽寺が西寺と呼ばれるのに対して東寺と呼ばれるのが長寿寺です。本堂は国宝で、ご本尊として地蔵菩薩が祀られています。

長寿寺
長寿寺
長寿寺 タヌキ
長寿寺参道
落ち葉
モミジ

善水寺

3つ目のお寺が善水寺です。大きな本堂は国宝で、庭園も綺麗です。

善水寺
善水寺

磨崖不動明王

岩根山へ登る途中の断崖には不動明王が刻まれています。

磨崖不動明王
磨崖不動明王

近江八幡

続いて琵琶湖にも近い近江八幡へ。

近江八幡
八幡堀歩き
蕎麦
近江八幡で昼食

日牟禮八幡宮

古くから八幡商人の信仰を集めていたと言われる神社です。

拝殿 本殿
拝殿と本殿
白雲館
明治時代の校舎「白雲館」

この日は瀬田の唐橋の近くに泊まりました。

瀬田の唐橋
瀬田の唐橋
夕食
夕食

信楽の窯元めぐり

翌日は陶器の町、信楽を歩きます。

新宮神社
新宮神社
拝殿
拝殿

信楽には窯元が多く所々に登り窯もありますが、今は使っていない物が多いそうです。

Ogama
Ogama
丸由製陶
丸由製陶
丸又窯
丸又窯

そして信楽で必ず目にするのがタヌキの置物。もはや信楽焼の代名詞とも言える存在で、所狭しと並ぶ光景が見られます。

タヌキ タヌキ
タヌキがドーン!
お願いタヌキ
お願いタヌキ
ぽぽんた
こども110番の狸「ぽぽんた」
飛び出し坊や
飛び出し坊やはタヌキではなく標準仕様
蕎麦
昼食は蕎麦

信楽高原鐵道

鉄道の最寄り駅は信楽高原鐵道の信楽駅です。台風の影響で2013年から運休していましたが2014年に運行を再開しました。

信楽駅
信楽駅
信楽鉄道 信楽鉄道
信楽鉄道
信楽鉄道 信楽鉄道
信楽鉄道

玉桂寺

玉桂寺 玉桂寺
玉桂寺
八十八箇所霊場巡り 八十八箇所霊場巡り
裏山で八十八箇所霊場巡り

忍者屋敷

最後は忍者屋敷へ。かつて甲賀忍者が住んでいた屋敷で、隠し部屋や仕掛けが見もの。

忍者屋敷
忍者屋敷
梯子 忍者
二階につながる梯子を登ると部屋がある
扉
押し入れに隠された扉
忍者 忍者
こんな忍者が住んでいたのでしょうか
海鮮丼
最後は海鮮丼

手軽に行ける渓谷美、昇仙峡

甲府駅から車で20分ほどの場所にある渓谷、昇仙峡に(10月31日)行きました。全国観光地百選で渓谷の部第一位に選ばれたそうです。

長潭橋
アーチを描く長潭橋

紅葉はまだ少し早い感じですが、色づき始めていました。

紅葉
紅葉を眺めながら渓谷を歩きます
覚円峰
覚円峰
仙娥滝
仙娥滝付近は紅葉の見頃

さらに上流にある板敷渓谷へ。ダムのさらに上流に位置しています。

荒川ダム
ロックフィル式の荒川ダム

さらに奥にある大滝まで行きました。その名の通り大きな滝です。水量も多くて迫力がありますね。

大滝
さらに奥にある大滝は高さ30m

ちょうど昼時になりました。

蕎麦
昇仙峡を歩いた後は、やつこまの平打蕎麦を食べました
1 2 3 4 5 6 8

アーカイブ

Feed

メタ情報