現在のページの位置: Roony's Paradise > blog > ハイキング

Roony's Paradise

クマのルーニーが、おでかけした時の写真を中心に載せていきます。

秋の木曽駒ヶ岳を歩く

10月の三連休の真ん中(10月8日)中央アルプス千畳敷カールから木曽駒ヶ岳を歩きました。前回と同じく麓のしらび平駅からロープウェイに乗り、標高2612mの千畳敷駅に到着。天気が良ければ無理なく日帰り登山ができる山です。

千畳敷カール
千畳敷カール
千畳敷カール
すっかり秋色
千畳敷カール 千畳敷カール
ずんずん登ります
千畳敷カール
草紅葉

千畳敷から乗越浄土までは急な登り坂です。

南アルプス
八丁坂から南アルプスが見えます
乗越浄土
乗越浄土から宝剣岳がよく見えます
天狗岩
天狗岩

宝剣岳や天狗岩を眺めながら進むと、途中に中岳があります。中岳の先が駒ヶ岳です。

中岳山頂
標高2925mの中岳山頂

中岳から一度下り、再び登ります。

駒ヶ岳山頂 駒ヶ岳山頂
標高2956m駒ヶ岳山頂は風も無く穏やか
駒ヶ岳山頂より
駒ヶ岳山頂から中岳の眺め

下山後は下諏訪の温泉と、佐久に立ち寄りました。

ざる蕎麦 カツ丼 野菜天丼
佐久の藤蔵屋でざる蕎麦を食べました

尾瀬沼を一周ハイキング

9月の最終日曜日(9月24日)尾瀬沼を一周するコースを歩きます。朝晩の冷え込みが厳しくなり、草紅葉も見頃です。今回は福島県側の沼山峠から出発して尾瀬沼へ向かいます。

峠から大江湿原までは木々の中を細い山道が続きます。坂を下ったところが大江湿原です。

大江湿原
大江湿原
尾瀬沼
尾瀬沼が見えてきた

ビジターセンターに立ち寄った後は、尾瀬沼を右手に見ながら時計回りに進みます。尾瀬沼の後ろには燧ケ岳がそびえます。

尾瀬沼と燧ケ岳
尾瀬沼と燧ケ岳
燧ケ岳
燧ケ岳
尾瀬沼と燧ケ岳
尾瀬沼と燧ケ岳
燧ケ岳
燧ケ岳

対岸の沼尻に到着して一休みしてから、再び大江湿原を目指します。北側の板道はとても歩きやすく整備されています。

尾瀬沼
尾瀬沼
板道
板道
尾瀬沼
尾瀬沼
燧ケ岳
燧ケ岳

秋色の栗駒山と奥松島・嵯峨渓めぐり

岩手の栗駒山を(10月1~2日)訪れました。今回は、いわかがみ平登山口から山頂を往復する、往復3時間ぐらいのコースです。

振り返る 東栗駒コース
東栗駒コース
リンドウ
道端に咲く
沢登り
途中には沢を登る場所も
栗駒山
標高が高くなると木々が色付いてきました
栗駒山 栗駒山
良い眺め
栗駒山
山頂が見えた
栗駒山 栗駒山
赤や黄色の山肌
栗駒山 栗駒山
一面の紅葉です

東栗駒コースは、東栗駒山を経て栗駒山頂へと向かいます。

栗駒山 東栗駒山
東栗駒山からの景色
草紅葉
一面の草紅葉
栗駒山
ススキがゆらゆら
栗駒山
山頂まではまだまだ
栗駒山
黄金色ですね
栗駒山
山頂手前、最後の階段
山頂 山頂
山頂に到着しました

山頂は岩手県と宮城県の県境にあります。眼下に広がるのは赤い絨毯とも言うべき紅葉。そしてここから下りに使う中央コースが一番の紅葉の見場所で、前も後ろも全体が秋色に染まっているのです。

栗駒山 栗駒山
紅葉の真っ盛り

下山後は駒の湯に立ち寄りました。2008年の岩手・宮城内陸地震の影響でしばらく休業していましたが、2015年から再開したそうです。

蕎麦
駒の湯で昼食

駒の湯を後にして奥松島へ向かいました。

行者滝
途中で行者滝を眺める
夕食
奥松島の宿で夕食

翌日、朝食前に月浜を散歩します。

月浜海岸 月浜海岸
月浜海岸
月浜
奥松島の景色
朝食
朝食

嵯峨渓めぐり

遊覧船に乗って嵯峨渓をめぐることにしました。嵯峨渓は日本三大渓の一つだそうで、自然が創り出した奇岩が立ち並んでいます。

船着き場 遊覧船
遊覧船のりば
嵯峨渓 嵯峨渓
迫力の岩壁!

いくつかの見場所に立ち寄りながら、船はゆっくりと進んでいきます。

嵯峨渓 嵯峨渓
船長さんが岩を解説してくれます
嵯峨渓 日本列島
日本列島の形?の岩もありました
嵯峨渓
帰りは沖側を航行

みちのく杜の湖畔公園

続いて川崎町にある国営みちのく杜の湖畔公園を訪ねます。ちょうど「コスモス&コキア de COKOフェスタ2016」の期間中でコスモス畑が満開でした。

コスモス コスモス
黄色いコスモス
コスモス コスモス
コスモスがゆらゆら
コスモス ダリア
コスモスとダリア
コキア
コキアの紅葉はまだですね!
水のひろば
水のひろば(やすらぎの池)
時のひろば
時のひろば(巨岩のひろば)

海鮮丼
最後は海鮮丼をいただきました
1 2 3 4 5 6 18

アーカイブ

Feed

メタ情報